「純粋」とは?意味や使い方を解説します!

「純粋」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「純粋」について解説します。

目次

  1. 純粋
  2. 純粋(じゅんすい)の意味とは
  3. 純粋の使い方・例文

純粋

純粋」という言葉について解説します。

この「純粋」という言葉は、日常の中でもしばしば見聞きすることがある、とても一般的な言葉だと思います。

「純粋な心」「純粋な人」といった感じで、良い意味として使われることが多いのではないでしょうか。

日常で使う時に、純粋とはどんな意味か。なんて意識していないと思いますが、ここで一度この言葉の意味をおさらいしてみましょう。

ぜひ最後までご覧いただき、今一度「純粋」という言葉について、整理・把握してみてください。

純粋(じゅんすい)の意味とは

純粋(じゅんすい)とは

  1. まじりけがないこと。雑多なものがまじってないこと。また、そのさま。
  2. 邪念や私欲がないこと。また、そのさま。
  3. ひたすらそのことだけに関わること。一途なこと。また、そのさま。
  4. 理論や形式のみを扱う学問上の立場、方法。
  5. 外的、偶然的なものをまじえず、それ自体の内的な普遍性・必然性をもつさま。
といった意味を持つ言葉となっています。

普通、一般的に使われる純粋の意味は1,2,3番のいずれかだと思います。

4、5番の意味は学問などの専門用語的な意味となっているので、あまりこの意味では使わないかもしれません。

ちなみに、よく赤ちゃんや子供に対して「素直で純粋な子」と言ったりするので、純粋も素直も同じような意味だと思っている方がいるかもしれませんが、

素直は「態度が真っすぐなこと」で、純粋は「邪念や私欲がないこと」なので、「行動と心」という意味で別のことを表わす言葉となっています。

>

純粋の使い方・例文

  • 本当に純粋なままでは、今の世の中生きていけないのかもしれない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ