「トラウマ」とは?意味や使い方を解説!

日常生活で「トラウマ」という言葉を耳にすることがあると思います。聞いたことはあるけど意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「トラウマ」について解説します。

目次

  1. トラウマ
  2. トラウマの意味とは
  3. トラウマの語源

トラウマ

トラウマ」という言葉が存在することは皆さんご存知だと思います。

ネット上などで軽々しく使用されているのをよく見ますが、本来は軽々しく使用するべき言葉ではありません。

今回は本来の「トラウマ」の意味と、ネット上で使用されている「トラウマ」の意味を解説していきます。

トラウマの意味とは

「トラウマ」とは「死を意識するほどの肉体的、精神的な恐怖体験による心的外傷のこと。精神的外傷」を意味します。

正式には「トラウマ体験」や「トラウマ記憶」と名称され、多くの場合は本人の意思に関係なく、恐怖体験を思い出してしまうことによる精神的外傷を意味します。

ネット上では、この意味が軽くなったイメージで使用されがちです。

「昨日見たホラー映画マジトラウマだわ」

この文はおそらく、死に直面するほどの心的外傷を受けていないにも関わらず、単純に「昨日見たホラー映画が頭から離れなくて怖い」という程度の意味です。

このようにネット上では本来の「トラウマ」の意味を軽んじて使用される場合が多いです。
また、ネット上での「トラウマ」が広まりすぎてしまい、本来のトラウマの意味を知らないという人も多いです。

「トラウマ」という言葉はネット上、現実に限らず軽い意味で使用することは推奨しません。

トラウマの語源

「トラウマ」の語源はギリシャ語で「傷」を意味する「trauma」です。

それまでは「外傷」を意味する言葉でしたが、19世紀になり「外部からの精神的外傷」を表す言葉としてフランス語に取り入れられ、さらにそこから英語圏でも使用されだすようになりました。
 

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ