「承る」とは?意味や使い方を解説します!

「承る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「承る」について解説します。

目次

  1. 承る
  2. 承るの意味とは
  3. 承るの使い方・例文

承る

承る」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「うけたまわる」となります。

よく「大役を承る。」や「ありがたいお話を承る。」といった使い方をします。

敬語表現でビジネスの場で使用することが多いです。

また、似た言葉に「賜る」があります。

今回は、賜るについても解説します。

この機会に「承る」について深く理解していきましょう。

承るの意味とは

>

「承る」という言葉の意味は大きく分けて4つあります。

まず1つ目は「受けるの謙譲語。謹んで受ける。お受けする。」という意味になります。

使い方としては「上司から大役を承る。」といった表現が一般的です。

次に2つ目は「聞くの謙譲語。謹んで聞く。拝聴する。」という意味になります。

使い方としては「ありがたいお話を承りました。」といった表現が一般的です。

続いて3つ目は「伝え聞くの謙譲語。」という意味になります。

使い方としては「承るところによりますと。」といった表現が一般的です。

そして、4つ目は「引き受けるという意味の謙譲語。慎んでお引き受けする。」という意味になります。

使い方としては「ご任命を承る」といった表現が一般的です。

読み方は「うけたまわる。」となります。

また、似た言葉に「賜る」があります。

これは「目上の人から頂く。目上の人が目下の者に与える。」といった意味を持ちます。

どちらも敬語表現で、ビジネスの場で使用することが多いです。

承るの使い方・例文

  1. 上司から大役を承り大変光栄だが、緊張する。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ