「手ほどき」とは?意味や使い方を解説!

「手ほどき」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「手ほどき」について解説します。

目次

  1. 手ほどき
  2. 手ほどきの意味とは
  3. 手ほどきの類語
  4. 手ほどきを使った文章・例文

手ほどき

手ほどき」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「手ほどき」という言葉は、一般的に使用されるため耳馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

学問や仕事などで、基礎的な部分や入門的な部分から説明することといった意味を持つ言葉です。

漢字では「手解き」と書きます。

今回は、そんな「手ほどき」について詳しく解説します。

この機会に深く知っていきましょう。

手ほどきの意味とは

手ほどきとは「学問や芸術、もしくは仕事などでその分野の初歩的な部分や入門的な事柄について説明すること。」という意味を持つ言葉です。

漢字では「手解き」と書きます。

使い方としては「音楽の先生に、ピアノの演奏を基礎から手ほどきを受ける。」といった表現が一般的です。

>

手ほどきの類語

この手ほどきという言葉を「技術や知識などを身につけさせること」という意味で使用する場合の類語には以下のような言葉があります。

  • 教育する
  • 教え込む
  • もみ込む
  • 仕込む
  • 訓練する
  • 育成する
  • 訓育する
  • 指導する
  • 教える
  • 指南する
  • 教授する
また「生徒や子どもなどに影響を与え、正しいやり方などを教えること。教え込むこと。」という意味で使用する場合の類語には以下のような言葉があります。
  • 感化する
  • 指導する
  • 教化する
  • 教育する
  • 躾ける
  • 言って聞かせる
  • 稽古をつける
  • コーチする

手ほどきを使った文章・例文

  1. 小さな頃から憧れていたサッカー選手から、リフティングの手ほどきを受けられることになって嬉しい。
  2. 尊敬している音楽講師からピアノを基礎から手ほどきを受ける。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ