「ゲシュタルト崩壊」とは?意味や使い方を解説!

「ゲシュタルト崩壊」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ゲシュタルト崩壊」について解説します。

目次

  1. ゲシュタルト崩壊
  2. ゲシュタルト崩壊の意味とは
  3. ゲシュタルト崩壊を使った文章・例文

ゲシュタルト崩壊

ゲシュタルト崩壊」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ゲシュタルト崩壊」とは、一般的によく使用される言葉ではないため、耳馴染みのない方も多いのではないでしょうか。

ドイツの神経学者であるファウストが、失認症の症例を報告した際に使用した言葉です。

今回は、そんなゲシュタルト崩壊について詳しく解説するので、この機会に深く理解していきましょう。

ゲシュタルト崩壊の意味とは

ゲシュタルト崩壊とは「知覚における現象。全体性を持ち、まとまりのある構造から、その全体性が失われれて、個々の構造部分にバラバラに切り離して認識してしまう現象。多くは、幾何学図形や文字、顔といった視覚的なものが知られているが、聴覚や皮膚感覚においても生じることがある。」という意味を持つ言葉です。

よく、このゲシュタルト崩壊は、漢字の認識において使用されます。

同じ漢字を長時間または繰り返し見続けていると、その漢字が形態的なまとまりを失い、各部分がバラバラに近くされたり、その漢字がどんな感じだったのかわからなくなってしまうことがあります。

これは、一般的に「漢字のゲシュタルト崩壊」と言われています。

なぜ、このような現象が起きるかと言えば、ドイツの神経学者であるファウストが失認症の症例として報告していた現象にさかのぼります。

図形を一度ちらっと見たときには、それが何か知覚できるにもかかわらず、それをそのまま注視し続けていると、すぐにその全体的な印象が失われて、わからなくなってしまう症状を報告しゲシュタルト崩壊という言葉で記述していたのです。

>

ゲシュタルト崩壊を使った文章・例文

  1. 漢字を見続けていたらゲシュタルト崩壊が起きた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ