「往来」とは?意味や使い方を解説します!

「往来」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「往来」について解説します。

目次

  1. 往来
  2. 往来の意味とは
  3. 往来の使い方・例文

往来

往来(おうらい)」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「おうらい」です。

さまざまな意味がある言葉ですが、車を外から誘導する際に発する「オーライ」とは意味が異なります。

車を誘導する際に使用する「オーライ」は「All right」という意味があります。

今回は、日本語の「往来」について詳しく解説します。

往来の意味とは

>

往来という言葉の意味は、大きく分けて7つあります。

まず、1つ目は「行ったり来たりすること。行き来。」という意味になります。

一般的に、この1つ目の意味で使用することが多いでしょう。

使い方としては「高速道路で車が激しく往来する。」といった表現が一般的です。

次に2つ目は「人や乗り物などが行き来する場所。道路。」という意味になります。

3つ目は「互いに行ったり来たりすること。交際。」という意味になります。

使い方としては「お互いの家を足しげく往来する間柄の2人。」といった表現が一般的です。

次に4つ目は「考えや感情などが心の中に現れたり消えたりすること。」という意味になります。

使い方としては「マイナスな感情が往来し不快になる。」といった表現が一般的です。

5つ目は「手紙や書面でのやりとり。また、往復書簡。」という意味になります。

続いて6つ目は「書簡文の模範文例集。」という意味になります。

最後に7つ目は「往来物の略。」という意味になります。
 

往来の使い方・例文

  1. 人々や車が往来する大きな交差点は、事故が起こらないよう様々な工夫が施されている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ