「領袖」とは?意味や使い方を解説!

「領袖」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「領袖」について解説します。

目次

  1. 領袖
  2. 領袖の意味とは
  3. 領袖を使った文章・例文

領袖

領袖」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「領袖」とは、少し難しい言葉であるため、耳馴染みのない方も多いかもしれません。

読み方は「りょうしゅう」となります。

意味は2つあり、えりとそでが主な意味です。

主な意味が転じて、ある団体を率いる長や中心人物といった意味もあります。

今回は、そんな「領袖」について詳しく解説します。

この機会に領袖について深く理解していきましょう。

領袖の意味とは

領袖という言葉の意味は、大きく分けて2つあります。

まず、1つ目は「えりとそで」という意味になります。

使い方としては「領袖をきちんと正してから出勤する。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目は「人の上に立ちその中の代表となるような人。人の頭に立つ人。集団の中の主だった人。ある団体の長。人を率いる中心人物。」という意味になります。

使い方としては「各派閥の領袖が会合を開いた。」といった表現が一般的です。

この2つ目の意味の語源は、えりとそでが人の目につきやすいところからきています。

読み方は「りょうしゅう」となります。

>

領袖を使った文章・例文

  1. 大切なクライアントとの会議へ行く際には、スーツの領袖をきちんと正さなければならない。
  2. 各国の領袖が集まって開かれたサミットは、厳戒態勢の中執り行われ、無事に閉幕した。
  3. 各派閥の領袖が揃って話合いが行われたが、一時は喧嘩のような空気になり難航した。
  4. 強い派閥の領袖同士が集まると、覇権争いにつながってしまうので危険だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ