「永劫回帰」とは?意味や使い方を解説!

「永劫回帰」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「永劫回帰」について解説します。

目次

  1. 永劫回帰
  2. 永劫回帰の意味とは
  3. 永劫回帰を使った文章・例文

永劫回帰

永劫回帰」という言葉について解説します。

皆さんはこの「永劫回帰」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

字面だけを見ると「輪廻転生」に似た雰囲気を持つ仏教用語のような気がしますが、実はこの言葉は有名な哲学者ニーチェによってもたらされた言葉と言われています。

ここではそんな「永劫回帰」とはどういう意味を持っているのか、どういう風に使われているのかを紹介します。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解してみてください。

ちなみに「輪廻転生」とは死んであの世に還った魂がこの世に何度も生まれ変わってくるという意味の言葉です。

どういった違いがあるのかも見てもらうと面白いのではないでしょうか。

永劫回帰の意味とは

永劫回帰とは「宇宙は永遠に循環運動を繰り返すものであるから、人間は今の一瞬一瞬を大切に生きるべきであるとする思想」で、生の絶対的肯定を説くニーチェの根本的思想となっています。

おおまかに言うと、宇宙と同じように人も同じところを繰り返し回り、来世などないのだから、生きている今を充実させることが大切だ。というような考え方と言えるかもしれません。

輪廻転生的なものかと思いきや、真逆といった感じもします。

ざっくりと「今を大切に生きるという考え方」と覚えても良いのかもしれません。

>

永劫回帰を使った文章・例文

  • 語感的には輪廻転生永劫回帰と並べても違和感はないが、意味としてはかなりちぐはぐになってしまう。
  • 永劫回帰は「ツァラトゥストラはかく語りき」という著書でニーチェが主張した考え方である。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ