「プレミアムフライデー」とは?意味や使い方を解説!

「プレミアムフライデー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「プレミアムフライデー」について解説します。

目次

  1. プレミアムフライデー
  2. プレミアムフライデーの意味とは
  3. プレミアムフライデーを使った文章・使い方

プレミアムフライデー

2017年、大流行した言葉で「プレミアムフライデーというものが存在します。

2017年の流行語大賞にもノミネートされ、今年の各月末に、この言葉を目にしなかった日は存在しません。

また、特徴的なマークも多くの人が記憶に残っているかと思います。

今年に入って行われ始めたもののため、未だに詳しい内容を知らない人も多いです。

今回は2017年の流行語「プレミアムフライデー」について解説していきます。

プレミアムフライデーの意味とは

「プレミアムフライデー」とは、「個人消費活性化を目的とし、毎月末の金曜日に実施される政策」です。

2017年の2月から始まり、経済産業省や経団連、各業界団体が連携をとり、行われるものです。

「プレミアムフライデー」の日は、企業の従業員は15時退社とし、小売業者などは15時退社を前提とした商品販売などを取り組むというものです。

「プレミアムフライデー」の日は15時や16時から安売りセールを行ったり、プレミアムフライデー特別価格で商品を提供する店が多く存在してます。

始まったばかりは反響があまり無く、このまま消えると思われた「プレミアムフライデー」ですが、夏頃からメディアなどの影響により、大きく広まりました。

しかし、現状、「プレミアムフライデー」を採用している企業は少なく、原因として「労働が追いつかない」や「月末は経理が忙しい時期」、「時給で働く人にとっては意味ない」などがあります。

また、消費の活性化と働き方改革の推進を目的としての「プレミアムフライデー」ですが、それに反発する意見もたくさん出ています。

「消費が活性化しないのは時間が無いのご問題ではなく、お金がないことが問題である」や「プレミアムフライデーを採用する企業と採用しない企業での格差が浮き彫りになった」などなど反発の意見は多く出ています。

アメリカで行われている「プレミアムフライデー」の元となった「ブラックフライデー」というものが存在しますが、アメリカでは大きな反響があるようです。

内容は「プレミアムフライデー」と似ていますが、このような文化が流行るか流行らないかは、日本とアメリカの働き方の違いが出ているとされています。

プレミアムフライデーを使った文章・使い方

「プレミアムフライデー」を使った例文を紹介します。

  1. 今日はプレミアムフライデーだから15時退社だ。
  2. プレミアムフライデーを採用していない自社からすれば、どうでもよい話だ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ