「ハンドスピナー」とは?意味や使い方を解説!

「ハンドスピナー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハンドスピナー」について解説します。

目次

  1. ハンドスピナー
  2. ハンドスピナーの意味とは
  3. ハンドスピナーを使った文章・使い方

ハンドスピナー

2017年に大流行した「ハンドスピナーというものが存在します。

皆さんも一度は「ハンドスピナー」という言葉を目にしたことがあるのではないでしょうか。

2017年の流行語大賞の候補にも入るなど、爆発的な人気を博しています。

しかし、未だ新しい言葉である「ハンドスピナー」を知らない人も多いようです。

今回は2017年の流行語「ハンドスピナー」について解説していきます。

ハンドスピナーの意味とは

「ハンドスピナー」とは「海外発祥の指で回転させて遊ぶシンプルな玩具」のことです。

指で中心を挟んで回転させるコマのようなもので、内部にベアリングが仕込まれており、一度回してしまえば、しばらくは自動で回転を続ける玩具です。

アメリカでは「Fidget Spinner」という名称で、既に大流行していた玩具であり、2017年に日本に来たことで、日本でも大流行を果たしました。

元々は病気の子供のために開発された玩具ですが、学校や社内で勉学や仕事の片手間に回す人々が続出し、アメリカでは既にハンドスピナーを禁止とする学校や企業が多く存在してます。

日本でも集中力を削ぐと逆効果で認識され、禁止とする学校などが続出しています。

しかし、ハンドスピナーにはストレス解消の効力があるようで、回していると「落ち着き」や「安心感」が得られるとして、学生のみならず、大人にも人気を博しています。

コマと同じように、「ハンドスピナー」にもテクニックが存在し、回る長さを競ったり、指を入れ替えるなどの技などが出来ることも長い人気を得ている要因です。

ハンドスピナーを使った文章・使い方

「ハンドスピナー」を使用した例文を紹介します。

  1. ハンドスピナーを社内で回していたら怒られた
  2. ハンドスピナーには集中力を上げる効果がある
  3. 君のハンドスピナーはよく回るね

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ