「フェイクニュース」とは?意味や使い方を解説!

「フェイクニュース」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「フェイクニュース」について解説します。

目次

  1. フェイクニュース
  2. フェイクニュースの意味とは
  3. フェイクニュースを使った文章・使い方

フェイクニュース

2017年の流行語として「フェイクニュースという言葉が存在します。

皆さんも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

SNSなどを頻繁に使用している人は特に目にする機会が多いと思います。

また、「フェイクニュース」という言葉を知らなかったという人も、知らぬ間に「フェイクニュース」を目にしている可能性は大いにあります。

2017年の流行語大賞の候補にも選ばれた「フェイクニュース」ですが、未だに意味を知らないという人も多くいます。

今回は2017年の流行語「フェイクニュース」について解説していきます。

フェイクニュースの意味とは

「フェイクニュース(Fake news)」とは、「虚偽の内容・情報でつくられたニュースのことです。

主にSNSなネット掲示板を通じて広く拡散されることが特徴的であり、由来は2016年に行われたアメリカ大統領選挙での様々なデマの情報です。

候補者が有利・不利に捉えられる虚偽のニュースが選挙期間中にネット上で多く投稿されました。

有名なものだと「ローマ法王がトランプ候補支持を表明」や「クリントン候補が武器の横流しや人身売買の組織と関わっている」などです。

実際、このような「フェイクニュース」が選挙の結果にどれほどの影響力を与えたかは分かりませんが、少なくとも両候補者の争いを活性化させたことは確かです。

日本でも今年に入り、多くの府「フェイクニュース」が出てきました。

しかし日本では、どちらかというとマスコミのフェイクニュースや印象操作に関しての真情報がSNSで多く投稿され、広まりました。

アメリカではネット上での争いを産んだ「フェイクニュース」ですが、日本ではネット民が団結するものとして存在しています。

フェイクニュースを使った文章・使い方

「フェイクニュース」を使用した例文を紹介します。

  1. フェイクニュースを見極める処理能力は今後必須だ
  2. 今、炎上している芸能人のニュースはフェイクニュースばかりだ
  3. マスコミのフェイクニュースが多く投稿されている

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ