「下ごしらえ」とは?意味や使い方を解説します!

「下ごしらえ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「下ごしらえ」について解説します。

目次

  1. 下ごしらえ
  2. 下ごしらえの意味とは
  3. 下ごしらえの使い方・例文

下ごしらえ

「下ごしらえ」という言葉の意味や使い方について解説します。

すべて漢字の場合は「下拵え」と書き、読み方は「したごしらえ」となります。

この「下ごしらえ」という言葉は、料理をする際に使用する機会が多いですが、皆さんはご存じでしょうか。

使い方としては「法事料理の下ごしらえをする。」といった表現が一般的です。

今回は、そんな「下ごしらえ」について詳しく解説するので、この機会にしっかりと理解していきましょう。

下ごしらえの意味とは

>

「下ごしらえ」という言葉の意味について解説します。

下ごしらえという言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「調理をする際の前準備として、食材にいろいろな加工を施すこと。」という意味を持ちます。

使い方としては「今夜の鍋の材料の下ごしらえをする。」といった表現が一般的です。

続いて、2つ目は「飲食店などで、客から注文を受けてから料理を提供するまでの時間を短縮するために、途中まで調理を済ませておくこと。

使い方としては「有名な牛丼屋さんでは、あらかじめ牛肉に下ごしらえがしてあるため、短時間で提供できる。」といった表現が一般的です。

また、この「下ごしらえ」は、漢字で「下拵え」と書きます。

類語には「下準備」や「下処理」などがあるため、合わせて覚えておくとよいでしょう。

下ごしらえの使い方・例文

  1. 祖父の四十九日で法事料理を作ることになり、朝から食材の下ごしらえをしている。
  2. 有名チェーン居酒屋では、すべての食材に下ごしらえがしてあるそうだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ