「血潮」とは?意味や使い方を解説します!

「血潮」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「血潮」について解説します。

目次

  1. 血潮
  2. 血潮の意味とは
  3. 血潮の使い方・例文

血潮

「血潮」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「血潮」という言葉は、日常会話やビジネスの場などで自然と使用するわけではないため、耳なじみのない方もいるかもしれません。

よく「辺り一面が真っ赤な血潮に染まる。」や「熱き血潮がほとばしる青春。」といった使い方をします。

読み方は「ちしお」となります。

また、この「血潮」という言葉には、2つの漢字表記があります。

今回はそんな「血潮」という言葉について詳しく解説します。

この機会にしっかりと理解していきましょう。

血潮の意味とは

>

「血潮」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「ちしお」となります。

この「血潮」という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「潮のようにほとばしって出る血。」という意味になります。

使い方としては「真っ赤な血潮に染まる。」といった表現が一般的です。

次に、2つ目は「体の中を潮のように流れる血。激しい情熱や感情。」という意味になります。

使い方しては「熱き青春の血潮がほとばしる。」といった表現が一般的です。

また、この「血潮」という言葉は、漢字で「血汐」とも書きます。

どちらで表記する場合も意味は同じになります。

血潮の使い方・例文

  1. 運動会の練習で転んでしまった息子のひざから血潮がほとばしり、見ていて辛かった。
  2. 手の甲の皮膚の下には血潮がみなぎっているように見える。
  3. 全国の高校の書道部がパフォーマンスで対決する大会は、熱き青春の血潮がほとばしるような現場であった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ