「虚言」とは?意味や使い方を解説!

「虚言」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「虚言」について解説します。

目次

  1. 虚言
  2. 虚言の意味とは
  3. 虚言を使った文章・例文

虚言

虚言」という言葉の意味や使い方について解説します。

読み方は「きょげん」です。

よく「虚言癖」といった使い方をしますが、皆さんはご存じでしょうか。

噓偽りの言葉や、人を欺く言葉といった意味を持つ言葉です。

加えて、うそをつくことも指している言葉になります。

また、似た言葉に「そらごと」があります。

今回は「そらごと」についても詳しく解説するので、この機会に「虚言」についてしっかりと理解していきましょう。

虚言の意味とは

「虚言」という言葉の意味について解説します。

この「虚言」という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「他人を欺く言葉。噓偽りの言葉。うそ。」という意味になります。

使い方としては「彼の言ったことが虚言であることには皆気付いている。」といった表現が一般的です。

そして、2つ目は「うそを言うこと。」という意味になります。

また、この「虚言」という言葉が入った言葉に「虚言癖」があります。

虚言癖とは「どうしても嘘をついてしまう性質。」という意味を持つ言葉です。

嘘をつくことが癖になってしまっていることを指し「あの人は虚言癖があるから信用できない。」といった使い方をします。

加えて、似た言葉には「空言(そらごと)」があります。

そらごととは「うそ。いつわりごと。」という意味を持つ言葉です。

意味も極めて似ているため合わせて覚えておくとよいでしょう。

>

虚言を使った文章・例文

  1. 虚言癖がある彼と話していると、何が本当で何がうそなのかわからなくなる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ