「ちんぷんかんぷん」とは?意味や使い方を解説します!

「ちんぷんかんぷん」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ちんぷんかんぷん」について解説します。

目次

  1. ちんぷんかんぷん
  2. ちんぷんかんぷんの意味とは
  3. ちんぷんかんぷんの使い方・例文

ちんぷんかんぷん

ちんぷんかんぷん」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「ちんぷんかんぷん」という言葉は、比較的カジュアルなシーンで使用されます。

もともとある「ちんぷんかん」という言葉をリズミカルにするため、もうひとつ「ぷん」を付け加えたとされえています。

語源は複数あり、今回はその語源についても詳しく解説します。

漢字では「珍粉漢粉」や「珍糞漢糞」などと書きますが、いずれも当て字です。

今回はそんな「ちんぷんかんぷん」について詳しく解説するので、この機会に深く知っていきましょう。

ちんぷんかんぷんの意味とは

>

「ちんぷんかんぷん」という言葉の意味について解説します。

ちんぷんかんぷんとは「さっぱり意味がわからない言葉や事象。」という意味を持つ言葉です。

もともとある「ちんぷんかん」という言葉をリズミカルに表現するためにもうひとつ「ぷん」を足してできた言葉であるとされています。

この「ちんぷんかん」という言葉の語源は複数あります。

江戸時代から使われており、儒者が唱える難解な言葉を茶化して真似た造語である説や、外国人が話す言葉を真似た造語である説などがあり、いずれも教養のなかった人が作った言葉であるとされています。

ちんぷんかんぷんの使い方としては「あの人の言っていることはちんぷんかんぷんだ。」といった表現があります。

また、漢字では「珍粉漢粉」や「珍糞漢糞」と書く場合がありますが、どちらも当て字です。

ちんぷんかんぷんの使い方・例文

  1. 祖父は、3年ほど前から言っていることがちんぷんかんぷんで悲しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ