「チュートリアル」とは?意味や使い方を解説!

「チュートリアル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「チュートリアル」について解説します。

目次

  1. チュートリアル
  2. チュートリアル(tutorial)の意味とは
  3. チュートリアルを使った文章・例文

チュートリアル

チュートリアル」という言葉について解説します。

「チュートリアルが終わってから物語が進んでいく」といった感じで使われるこの言葉。

パソコンソフトをよく使う方、ゲームをよくする方であれば、馴染み深い言葉だと思いますが、聞いたことはあるけれど、意味までは知らないといった方も多いかと思います。

ここでは、そんな「チュートリアル」とはどういった意味の言葉なのか紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、整理・理解してみてください。

チュートリアル(tutorial)の意味とは

チュートリアル(英・tutorial)とは

  1. 個別指導・家庭教師・指導書
  2. コンピューターなどのハードやソフトの使い方を教える教材、またはソフトウェア。
といった意味を持つ言葉となっています。

1の個別指導といった意味は英語本来の意味に近いものですが、一般的な意味として使われるのは2の使い方を教えるものであるようです。

チュートリアルが終わってから物語が進んでいく。といった場合、これはゲームの話で、まず最初に基本操作方法を解説・練習するパートがあり、それが一通り終わるとゲームの本編が始まっていく。という意味になります。

パソコンの一般的なソフトも同様で、チュートリアルと言えば、基本操作方法を解説したファイルやパートのことを指しています。

>

チュートリアルを使った文章・例文

  • 丁寧なチュートリアルを用意しているので、初心者の方でも簡単に使えます。
  • チュートリアルを飛ばしてしまうと、後になって操作に困ってしまうことがある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ