「竣工」の意味とは?意味や使い方を解説!

「竣工」という言葉の意味を解説していきます。よく目にする言葉のため覚えておくと便利です。今回は「竣工」の意味や使い方について解説していきます。

目次

  1. 竣工
  2. 竣工の意味とは
  3. 竣工を使った文章・例文

竣工

皆さんは「竣工」という言葉をご存知でしょうか。

工事や建築に関わる言葉だということは推測できるものの、専門的に関わったことのない人には意味が分からないかもしれませんね。

今回は「竣工」という言葉について詳しく解説します。

竣工の意味とは

竣工とは「工事が完了して建物が出来上がること」という意味です。
読み方は「しゅんこう」です。

「竣」は、「終わる。完成する。できあがる。」「とどまる」という意味の漢字です。
「竣」を使った同じ「建物が出来上がる」という意味の熟語に「竣成」があります。
こちらは、規模の大きい建物が完成したことを意味する言葉です。

工事完了後に、完成した建物に不備や不具合がないか確認することを「竣工検査」といいます。
竣工検査は行政機関や第三者機関が建築法に基づいて行うもので、この検査が問題なく終了して初めて施主へ引き渡されます。

「竣工」とよく似た意味の言葉に「完工」や「落成」があります。
これらの言葉の使い分けには諸説あり、所属先の慣行に合わせて使い分けている人が多いようです。
「竣工」は「竣」の字が常用漢字でなく、建築業界に関係しない一般人で意味を理解している人が少ないため、報道で使われるのは避けられる傾向にあります。
また、「完工」は話し言葉で使うと「観光」「慣行」などの同音異義語が多いので、実際のところ建設現場では「竣工」などが使われがちです。

>

竣工を使った文章・例文

  1. 社屋の竣工を祝う式典が執り行われ、ついに建設が終了したのかと感慨深くなった。
  2. 竣工検査の結果、異常は見つからなかった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ