「アーケード」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アーケード」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アーケード」について解説します。

目次

  1. アーケード
  2. アーケードの意味とは
  3. アーケードを使った文章・例文

アーケード

アーケード」という言葉について解説します。

「アーケード商店街」「アーケードゲーム」など、みなさんも一度はこの「アーケード」という言葉を見聞きしたことがあると思います。

アーケード商店街と言えばどんな所なのかイメージがつくと思いますが、アーケードとは?と聞かれるとどうでしょうか。

日常でよく見聞きする言葉ではあるものの、本当の意味はぼんやりとしか把握していないかもしれません。

ここでは、そんなアーケードという言葉の意味を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき、この言葉について整理・理解してみてください。

アーケードの意味とは

アーケードとは「(洋式の)大きな建物をつらぬく円弧状の屋根をもった街路」「街路の上に屋根をかぶせた商店街」といった意味の言葉となっています。

ということで、みなさんに馴染み深い意味としては後者の「屋根がある街路に並ぶ商店街」と言えるのではないでしょうか。

ただし、アーケードは元々は「アーチ状のもの」を意味するイタリア語と言われています。そのため、屋根のある商店街の屋根は、アーチ状・円弧状であることが多いと言えるでしょう。

ちなみに、アーケードゲームという言葉ですが、これは「円弧状の屋根があるゲーム」という意味ではなく、アーケード=屋根つき商店街にあるゲーム機のことを「アーケードゲーム」と呼ぶようになったと言われています。

>

アーケードを使った文章・例文

  • アーケード商店街も、過去の遺物となってしまうのかもしれない。
  • 子供の頃はアーケードゲームに夢中だった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ