「御意」の意味とは?意味や使い方を解説!

「御意」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「御意」について解説します。

目次

  1. 御意
  2. 御意の意味とは
  3. 御意を使った文章・例文

御意

御意」という言葉の意味や使い方について解説します。

この「御意」という言葉は、目上の人に対して使います。

読み方は「ぎょい」となります。

有名な医療ドラマの中でセリフとして使用されていた言葉でもあるため、聞いたことがある方もいるかもしれません。

目上の人の考えや指示、意向といった意味がある言葉です。

また「御意のとおり。」の略で使用する場合もあります。

使い方としては「上司からの御意を得る。」や「御意にございます。」といった表現があります。

ビジネスの場やかこしこまった場で使用される言葉であり、少々仰々しい印象もある言葉です。

目上の人に対して使用する言葉なので使用する際には注意が必要です。

この機会に「御意」について詳しく知っていきましょう。

御意の意味とは

「御意」という言葉の意味について解説します。

読み方は「ぎょい」となります。

この「御意」という言葉には、大きく分けて2つの意味があります。

まず、1つ目は「お考え。おぼしめし。目上の人の指示や命令。意向。」という意味になります。

いずれも目上の人に対する意味であり、尊敬語です。

したがって、部下や同僚などに対しては使用しません。

使い方の例を挙げると「課長の御意を得たいのでよろしくお願いいたします。」といった表現があります。

そして、2つ目の意味は「御意のとおりの略。そのとおり。」となります。

使い方の例を挙げると「御意にございます。」といった表現があります。

>

御意を使った文章・例文

  1. 社長の御意を得てからでないとプロジェクトを進められない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ