「アドバンテージ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「アドバンテージ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アドバンテージ」について解説します。

目次

  1. アドバンテージ
  2. アドバンテージの意味とは
  3. アドバンテージを使った文章・例文

アドバンテージ

皆さんは「アドバンテージ(advantage)」という言葉をご存知でしょうか。

スポーツを見ているとよく出てくる言葉ですが、種目ごとに意味が異なります。
覚えておくと、試合観戦がもっと楽しくなるかもしれませんね。
 

アドバンテージの意味とは

アドバンテージとは「優位性。優勢であること。」「スポーツで反則が起きた時に、反則した側が有利になる場合は罰則を適応しない事」という意味です。
英語では「advantage」と綴ります。

テニスなどでは、「あと1ポイント先取すれば勝利となる得点」の状態で同点となることを「デュース」または「ジュース」といいますが、この状態になると相手より2ポイント上回らなければ勝利とみなされなくなります。
この「デュース」あるいは「ジュース」状態から1ポイント先取することを「アドバンテージを取る」といいます。
要は「王手をかけた」状態だと言えるでしょう。

ラグビーやサッカーなどでは上記二つ目の意味となります。
罰則を与えると反則をした側が有利となる場合というのは、たとえば「反則側が優勢の戦況で、試合の残り時間がわずかである」という状況です。
この状況で罰則を科すと残り時間が消費され、反則を犯した側の勝利が確定してしまいます。
結果的に反則していない側が不利になってしまうというところから、このような場合は罰則の適応を見送るのです。
これを「アドバンテージ」といいます。

>

アドバンテージを使った文章・例文

  1. 今日見にいったテニスの試合は、双方がアドバンテージを取り合う白熱したものとなった。
  2. 彼の参戦は強力なアドバンテージとなるだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ