「インキュベーション」の意味とは?意味や使い方を解説!

「インキュベーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「インキュベーション」について解説します。

目次

  1. インキュベーション
  2. インキュベーションの意味とは
  3. インキュベーションを使った文章・例文

インキュベーション

皆さんは「インキュベーション」という言葉をご存知でしょうか。

ビジネス用語であまりなじみがなく、全く聞いたことがない方もいるのではないでしょうか。

今回は「インキュベーション」という言葉について詳しく解説します。

インキュベーションの意味とは

インキュベーションとは「事業の創出や創業を支援し、成長を促進すること」という意味です。
ビジネス・インキュベーション、略してBIともいいます。

英語で「incubation」は「卵の孵化」という意味です。
そこから、ビジネスにおける新たな形態や活動が生まれてくるのを支援し育成するという意味で使われるようになったのが「インキュベーション」です。

新しい事業が生まれることはビジネス全体の発展にとても大切なことですが、やり方を間違えると早期に潰れてしまいます。
それを避けるためには、先人たちや専門家の助けが必要です。
「インキュベーション」という言葉は、親鳥が卵の孵化を見守るように、新しい事業が立ち上がり伸びていく過程をサポートし促進するということを指しています。

こうした新規事業の立ち上げを支援することを専門とした団体や組織のことを「インキュベーター」といいます。
「インキュベーター」はもともと、生まれた子供を育てる保育器を意味する言葉です。
また、個人でそういったアドバイスをする人のことを「インキュベーションマネージャー」、略してIMといいます。

>

インキュベーションを使った文章・例文

  1. 新プロジェクトを立ち上げるにあたって、会社から支援のためのインキュベーションが行われることになった。
  2. 部下が新事業に関わることになり、インキュベーションについて学ぶためのセミナーに申し込んだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ