「格別」とは?意味や使い方を解説します!

「格別」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「格別」について解説します。

目次

  1. 格別
  2. 格別(かくべつ)の意味とは
  3. 格別の使い方・例文

格別

格別」という言葉について解説します。

「あの店のラーメンは格別に美味しい」「北海道の雪景色は格別だなぁ」なんていう風に使われるこの言葉。

みなさんも日常生活の中でこの「格別」という言葉はたびたび見聞きし、使うことも多いのではないでしょうか。

ここではそんな「格別」という言葉について、意味や使い方を紹介していきます。

また、格別を逆さまにした「別格」との違いについても触れていきたいと思います。

ぜひ最後までご覧いただき、しっかりと整理・理解してみてください。

格別(かくべつ)の意味とは

>

格別(読み方・かくべつ)とは

  • 普通の場合とは程度・事柄が違っていること。また、そのさま。格段の違いがあるさま。特別。
  • それぞれ別であること。また、それぞれ別に行うこと。
  • 程度のはなはだしいさま。また、特に他と区別されるさま。
といった意味を持つ言葉となっています。

ということで「格別に美味しい」は「特別に美味しい」となり、「北海道の雪景色は格別だなぁ」は「北海道の雪景色は他とは違うなぁ」といった意味になることが分かると思います。

格別と別格の違い

格別と別格は同じ漢字をひっくり返しただけなので、意味の上で混乱しがちかもしれません。

別格は「定められている形式に拘束されないこと。特別の取り扱いをすること」という意味となっています。

平たく言うと「格が違う」という意味です。

格別は「特別、他よりも良い」という意味なので、優れていることをいっています。ですが、別格は他とは格が違うということをいっているので、意味が違うということが分かるのではないでしょうか。

格別の使い方・例文

  • 師匠には格別に可愛がってもらった

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ