「ディレクション」とは?意味や使い方を解説!

日常生活でたまに「ディレクション」という言葉を耳にすることがあると思います。聞いたことはあるけど意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ディレクション」について解説します。

目次

  1. ディレクション
  2. ディレクションの意味とは
  3. ディレクションの使い方・例文

ディレクション

「ディレクション業務」など、「ディレクション」という言葉を目にする機会があります。

ディレクションとはどういう意味の言葉なのか、ディレクション業務とはどのような仕事なのかなど、詳しく解説していきます。ご存じない方はこの機会にぜひ覚えてくださいね。

ディレクションの意味とは

「ディレクション」という言葉は、「方角」「方向」「指示」「指揮」といった意味を持っています。
英語の綴りは「direction」となります。

日本でカタカナ語として使用される場合、「ディレクター(責任者、監督、支配者)」から意味が派生し、「制作指導」「進行管理」などの意味が多くなります。


「ディレクション業務」という言葉をご存知でしょうか。上記の意味から考えると「指示業務」と言い換えられますね。
ディレクション業務とは、「業務の内容をしっかりと把握し、各部署へ伝達して、最後まで総指揮をとる業務」のことを指します。
映画のスタッフクレジットなどでディレクターという名前を見かけたことがあるかと思いますが、このディレクターの業務=ディレクション業務と考えることができるのです。

ディレクション業務ではスケジュールを管理する能力が最も重要とされています。自身が計画を立て、進行管理などを行う必要があるからです。
また、全体の流れを把握する必要もあるため、コミュニケーション能力も求められる業務なのです。

ディレクションの使い方・例文

  1. 監督からストーリーの流れについてディレクションを受ける。
  2. 彼は自身の能力を活かしてディレクション業務を進めている。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ