「ボトルネック」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ボトルネック」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ボトルネック」について解説します。

目次

  1. ボトルネック
  2. ボトルネックの意味とは
  3. ボトルネックを使った文章・例文

ボトルネック

皆さんは「ボトルネック」という言葉をご存知でしょうか。

聞いたことのない方が少なくないと思われますが、「~するためには○○がネックだ」という文章なら分かるのではないでしょうか。
この「ネック」は、実は「ボトルネック」の略なのです。

ボトルネックの意味とは

>

ボトルネックとは、ビジネス用語においては「物事の最大限度を決定する要因。目的達成のための障害や制約となるもの」という意味です。
省略形として「ネック」と言われることが多いです。

「目標達成を難しくするボトルネックは○○だ」などのような使われ方をします。

英語では「bottle neck」と綴り、本来の意味は「瓶の首」です。
瓶の首にあたる部分はその下よりも細くなっています。
この部分の太さが基準となって、瓶の口から出てくる液体の量が変わってきます。
瓶そのものが大きく中身を大量に入れることができたとしても、首が細すぎると、一度に注げる量に制限が加わってしまうのです。

このように「瓶の首の太さが作業効率の指標となる」「瓶の首が細すぎると作業効率が落ちる」ことから、上記の意味として使われるようになりました。

また、「作業における時間や効率などの管理指標」の意味でも使います。
「ボトルネック」の存在を見越したうえで作業効率を計算し、それを基準として納期を計算するといった具合に、スケジュールや作業量を調整するための水準点として用いられる概念でもあるのです。

ボトルネックを使った文章・例文

  1. 集中力の低下は作業効率化のボトルネックとなり得るが、そこを水準点とすれば余裕をもって予定を組める。
  2. 人員の不足は最大のボトルネックであり、その解消なくしては企画立案は難しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ