「喧伝」とは?意味や使い方を解説します!

「喧伝」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「喧伝」について解説します。

目次

  1. 喧伝
  2. 喧伝の意味とは
  3. 喧伝の使い方・例文

喧伝

皆さんは「喧伝」という言葉をご存知でしょうか。

まず、読み方は「けいでん」でしょうか、それとも「けんでん」でしょうか?
意味についても、実はきちんと理解していないという人が少なくありません。

今回は「喧伝」という言葉について詳しく解説します。

喧伝の意味とは

>

喧伝とは「盛んに言いふらして広めること」という意味です。
読み方は「けんでん」です。
「けいでん」と読む方も多いようですが誤りです。気をつけましょう。

「喧」という漢字は「喧嘩(けんか)」という熟語に使われているのが最も有名な用例でしょう。
音読みは「けん」、訓読みは「やかま・しい」「かまびす・しい」です。訓読みの二つの読み方は送り仮名が同じで、どちらもほぼ同じ意味なので、読み仮名がついていなければ「やかましい」と読むのが一般的です。
より硬い表現にしたい場合は「かまびすしい」を選ぶとよいでしょう。
意味は訓読みの通り「やかましい」です。

「喧伝」とは、簡単に言うと「やかましく伝える」という意味です。
つまりスピーカーを通したり人数を集めたりして大音量で言い立てるだとか、身振り手振りを交えて感情的にまくし立てるといったような光景をイメージすると分かりやすい言葉です。

聞き手は「喧伝」に対して「やかましい」と感じているわけですから、良い印象を与えられていないことが多いです。
それでもうるさく言い広めれば、聞いた人の意識に残ります。
どういう感想を持たれたとしても、認知してもらうことが「喧伝」の目的なので、それで成功となるのです。

喧伝の使い方・例文

  1. 選挙カーが駅前に止まっており、政策について喧伝している。
  2. マスコミはその一大スキャンダルを盛んに喧伝した。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ