「ハレーション」とは?意味や使い方を解説!

「ハレーション」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ハレーション」について解説します。また「ハレーション」とはこういう意味であると分かりやすく答える助けにもなります。

目次

  1. ハレーション
  2. ハレーションの意味とは
  3. ハレーションを使った文章・使い方

ハレーション

「社長のハレーションのせいで今年の売り上げは悪い」なんて聞いたことがおありかもしれません。

この表現を聞いてなんとなく理解しているふりをしてしまいがちですが、専門家しか使わないような表現でも、多くの人がかつてないほど使用している表現です。

また、「ハレーションを起こす」なんて言葉もよく会社で聞くので、やはり正確に理解しておくべき言葉です。

ハレーションの意味とは

ハレーションという言葉には、「写真を撮る時に逆光の光が強いために、光が当たった部分が白くぼやけた状態になる事」です。

英語では「Halation」で上記のように同じ意味合いを持つ言葉です。

この現象は写真を撮る時に感光膜のようなフィルムに強い光が通って支持体裏側などから反射して感光乳剤層に当たり光が出ることで、やはり強い光による反射のような現象です。

しかし、このハレーションにはこの現象から別の言い方もビジネスの世界ではよく使われます。

ビジネスなどの世界でのハレーションとは?

ビジネスでのハレーションとは何かの要因により関係する人たちに悪い影響が出るという意味合いがあります。

英語のhalationの意味からすると逆光のせいで写真写りが悪くなったということなので確かにビジネスの社会で使われる表現方法は理解できます。

このように正確に理解しておくと会社で上司から、あるいは若い社員からハレーションと言われてもすぐに把握して正確なコミュニケーションを維持することができます。
 

ハレーションを使った文章・使い方

では、ここでハレーションの表現方法をいくつかご紹介します。

  1. 社長の失言でハレーションを起こす
  2. 写真映りが悪いのはハレーションのせいです
  3. ハレーションが起こらないよう慎重に発言する

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ