「シンドローム」の意味とは?意味や使い方を解説!

「シンドローム」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「シンドローム」について解説します。

目次

  1. シンドローム
  2. シンドロームの意味とは
  3. シンドロームを使った文章・例文

シンドローム

シンドローム」という言葉について解説します。

「ピーターパンシンドローム」「メタボリックシンドローム」といった感じで使われるこの「シンドローム」という言葉。

メタボリックシンドロームなどはCMなどを見ていても見聞きしますし、シンドロームという言葉は意外に身近にあるとも言えますが、意味をきちんと把握している方は多くないかもしれません。

ここではそんな「シンドローム」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

シンドロームの意味とは

シンドロームとは「症候群。いくつかの症候が常に相伴って認められるが、その原因が不明な時に用いられる医学用語」という意味の言葉となっています。

ざっくりと、「シンドローム」=「症候群」と覚えておいて良いかもしれません。

シンドローム=症候群なので、シンドロームの前に何の症候群なのか言葉がくっつくことがほとんどです。

ちなみに、ピーターパンシンドロームは「ピーターパンのように大人になることを拒み現実逃避する傾向のある男性の症候群」という意味になります。

皆さんがよく見聞きするメタボリックシンドロームは、メタボリックは代謝を意味する言葉ですので、日本語にすると「代謝異常症候群」となります。

代謝異常症候群と言われると分かりにくいかもしれませんが、内臓脂肪、高血圧、高血糖、脂質代謝異常などが組み合わさり、心臓病や脳卒中になりやすくなることです。

複合的なものなので、ただ太っているだけではメタボリックシンドロームとは言いません。

>

シンドロームを使った文章・例文

  • 社会の状況が移り変わると、それに合わせて新たなシンドロームが生まれるのは、歴史が教えてくれる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ