「赤面」とは?意味や例文を解説!

日常会話でも「赤面する」のように「赤面」という言葉はよく利用するかと思います。この赤面の意味の解説と、赤面を使った例文について紹介します。

目次

  1. 赤面
  2. 赤面とは
  3. 赤面の使い方・例文

赤面

赤面(せきめん)」という言葉の意味について解説します。

日常生活においてもよく聞く言葉に「赤面」があります。主に恥ずかしがりやの人が赤面することが多いですよね。

皆様は、この赤面という言葉の意味をご存知でしょうか?
もしご存知でなければ、この機会に意味を知ってみましょう。

赤面とは

赤面とは「赤い顔面・赤ら顔」「恥じて顔を赤らめること」「顔に感情が表れて、赤くなること」となります。

文字の通り、赤い顔のことを指すのが赤面という言葉です。日本では主に「恥じて顔を赤らめること」という意味で使われることが多いですね。恥ずかしがりやの人が何かをする時に赤面するというシーンはドラマや漫画の中だけではなく実際によくある光景ですし、普通の人でも恥ずかしいミスをしてしまった時などに「赤面の至りです」などと恥ずかしい心中を口にしますね。

恥ずかしがりやの人がよく赤面するのは何故かというと、実際に赤面症という症状が存在しています。赤面症は別名「赤面恐怖症」と言い、赤面症は対人恐怖の症状の一つとなっています。人の身体は自律神経にコントロールされて血が巡っているわけですが、恥ずかしい思いをした時などに身体の内側を巡っている血液が一気に外に流れ込むために顔が赤面してしまうのです。これは自律神経の一つである交感神経が優位になるストレス反応で、「闘争・逃走反応」と呼ばれています。赤面する時は多くの場合恥ずかしくて逃げたいと思ったり、怒った時なので正しい反応だというのが分かりますね。

赤面の使い方・例文

  1. 賞を取ったために全校集会で壇上に上がることになり、緊張して赤面してしまった。
  2. 服装の乱れを指摘されるまで気づけず、赤面の至りです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ