「訝しい」とは?意味や使い方を解説します!

「訝しい」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「訝しい」について解説します。

目次

  1. 訝しい
  2. 訝しいの意味とは
  3. 訝しいの使い方・例文

訝しい

皆さんは「訝しい」という言葉をご存知でしょうか。

漢字が難しいため、見ただけではピンとこないかもしれません。
「いぶかしい」という読み方や、「訝し気」「訝る」などの品詞の異なる言い方を聞けば、何となくわかってくるのではないでしょうか。

今回は「訝しい」という言葉について詳しく解説します。

訝しいの意味とは

>

訝しいとは「変なところがあって納得いかない。疑わしい。」「気がかりだ」「詳細が知りたくて心引かれる」という意味です。
読み方は「いぶかしい」です。

「訝しい」は形容詞ですが、「訝る(いぶかる)」とすると動詞になります。
また、「訝し気(いぶかしげ)」とすることで、「訝しく思っている様子」という意味の名詞になります。

「訝」という漢字の音読みは「が」「げん」、訓読みは「いぶか・しい」「いぶか・る」です。
「疑う。怪しむ。」という意味ですが、用例の少ない意味として「人を迎えて労う」というものもあり、「訝賓(がひん)」という言葉がその意味に相当します。

「いかがわしい」と読み方を間違われることが多いですが、こちらの漢字表記は「如何わしい」です。
「いかがわしい」の意味は「怪しげだ。疑わしい。」の他に「不道徳な。みだらな。」というものがあり、現在ではほとんど後者の意味で使われています。

訝しいの使い方・例文

  1. 友人の不自然な態度を目の当たりにして、隠し事をしているのではないかと訝しく思わずにはいられなかった。
  2. こちらの味方を自称する割には、彼には訝しい行動が多く感じる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ