「狷介」の意味とは?意味や使い方を解説!

「狷介」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「狷介」について解説します。

目次

  1. 狷介
  2. 狷介(けんかい)の意味とは
  3. 狷介を使った文章・例

狷介

狷介」という言葉について解説します。

さてみなさんはこの「狷介」という言葉を見たことはあるでしょうか。初めて見たという方も少なくないかと思いますし、まず初見では意味の前に読み方すら分からないのではないでしょうか。かくいう私も知らなかっ

そして、読み方を知らなければ当然意味も分からないと思いますし、この狷介という漢字は意味を掴む手がかりを与えてくれない様相を呈しています。そもそも「狷」ってなんだこr

ここではそんな「狷介」という言葉について、意味や使い方・読み方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

狷介(けんかい)の意味とは

>

狷介(読み方・けんかい)とは「頑固で自分の信じることを固く守り、他人に心を開こうとしないこと。また、そのさま。片意地」という意味の言葉となっています。

意味から出てくるのは融通の利かない野武士といった人間が浮かんできますが、あまりいい意味の言葉とは言えないでしょう。

頑固で片意地を張ってる。だけであれば一徹な職人のような感じもしますが、他人に心を開かないとなるといけません。

気になるのはこの狷介という漢字でなぜこのような意味になるのかです。

介という字には「自分の考えを固く守る」という意味があり、狷という字には「了見が狭い、心が狭い」という意味があり、この組み合わせのために上記のような意味になるようです。

昨今のニュースや世界情勢を見ていると、何やらこの狷介という言葉がしっくりくる人物が増えてきているような気がするのは気のせいでしょうか。

狷介を使った文章・例

  • コロナはただの風邪。といった大統領は狷介という言葉が似合う人だなぁ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ