「メタファー」とは?意味や使い方を解説します!

「メタファー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「メタファー」について解説します。

目次

  1. メタファー
  2. メタファーの意味とは
  3. メタファーの使い方・例文

メタファー

メタファー」という言葉について解説します。

みなさんはこのメタファーという言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

日常生活の中ではなかなか出会うことの少ない言葉かもしれませんが、小説や歌詞の中、少し気取った文章の中などで見かけることがあります。

カタカナ語なので、語感から意味を想像するのが難しいと思います。

ということで、ここではそんな「メタファー」という言葉について、意味や使い方を詳しく紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

メタファーの意味とは

>

メタファーとは「隠喩・暗喩」という意味の言葉となります。

ちなみに隠喩・暗喩とは「~のようだ。~のごとし。といった形を用いずに、そのものの特徴を直接他のもので表現する方法」で、白い肌を雪の肌といったり金は力なりといった言い方のことを指します。

比喩表現方法の一つなので、映画や漫画、小説やデザインなどの作品の中で多くみられます。

一例を挙げると、主人公に悲しいこと起きた時に、雨が降り始めるといった形は、主人公の感情を表現するメタファーとなります。

注意点としては、比喩表現なので多用すると何を意味しているのか分かりにくくなったり、誤解を招いたりするので、使い方には気をつけましょう。

メタファーの使い方・例文

メタファーという言葉そのものを使うことは実際には少ないかもしれません。メタファーという表現方法を使って何かを伝えるというものになります。

  • あの映画監督の作品には、メタファーが上手に散りばめられている。

語感がカッコ良すぎるので、会話の中で使うと気取り屋に思われてしまうかもしれないので、この点も注意して使ってみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ