「割り切る」の意味とは?意味や使い方を解説!

「割り切る」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「割り切る」について解説します。

目次

  1. 割り切る
  2. 割り切るの意味とは
  3. 割り切るを使った文章・例

割り切る

割り切る」という言葉について解説します。

「仕事だと思って割り切るよ」「割り切った考え方ができる」と言った形で使われるこの言葉。

みなさんも様々な場面でこの言葉を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。

もちろん、算数の割り算の言葉としてもこの言葉は使いますが、ここでは日常の中で使われる際の「割り切る」についてです。

改めて言葉として「割り切るの意味とは?」と考えることはあまりないと思いますので、ここで一度押さえてみてください。

ということで、ここではそんな「割り切る」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

 

割り切るの意味とは

割り切るとは「思い通りではないとしても個人的な感情を入れずに考えたり、行動したりすること。また、物事の結論をきっぱりと下す表現として用いられる言葉」という意味の言葉となっています。

ということで、仕事だと思って割り切る。と言った場合は「仕事だと思って、感情を入れずにやる」となりますし、割り切った考え方。と言った場合は「きっぱりと結論を出す考え方」となるのが分かるのではないでしょうか。

世の中、思い通りにならないこと、感情移入してしまうことなどは沢山ありますが、大人になればなるほどこの割り切る。という言葉は身近なものになっているのではないでしょうか。

>

割り切るを使った文章・例

  • 最近では金銭を受け取って男女関係を持つことを割り切りなどと言うらしい。
  • 割り切ることができることと、そうでないことが誰しも必ずある。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ