「ジェンダー平等」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ジェンダー平等」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ジェンダー平等」について解説します。

目次

  1. ジェンダー平等
  2. ジェンダー平等の意味とは
  3. ジェンダー平等を使った文章・例

ジェンダー平等

皆さんは「ジェンダー平等」という言葉をご存知でしょうか。

2015年9月に国連サミットで採択された「持続可能な開発目標」略称「SDGs」の中に掲げられた目標の一つとして、「ジェンダー平等の実現」があるのです。

ジェンダー平等の意味とは

ジェンダー平等とは「人間一人一人がそれぞれの性別に関わらず、平等に責任や権利や機会を分かちあい、あらゆる物事を一緒に決定することができること」という意味です。

ジェンダーとは「社会的・文化的な性別」という意味であり、肉体的な性別ではなく、世の中における男性と女性それぞれの役割の違いによって定義される性別のことです。
このジェンダーの差がが男女間で大きいことを「ジェンダーギャップ」といい、「ジェンダーギャップ」が大きいほど性差が大きい、性差別があるということになります。

現在は、全体として女性の方が男性よりも社会的に地位が低い状態にあるといわれています。
「女性は家で家事をするもの」という意識も強く、働いていても高い地位に上がりにくい傾向にあるようです。
さらに世界に目を向ければ、女だからというだけで学校に行けなかったり、幼い年齢で自分の意志ではない結婚を強いられたりといった深刻な女性差別もあります。

こういった不平等を無くし、性別を問わずあらゆる人が自分らしく社会に関わる機会を分かちあい、自由に生きることができるのが「ジェンダー平等」な世界なのです。

>

ジェンダー平等を使った文章・例

  1. 就職活動では、社内目標にジェンダー平等を掲げる企業を志望した。
  2. ジェンダー平等を意識すると、今まで当たり前だと思っていたことへの見方が変わる。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ