「共感性羞恥心」の意味とは?意味や使い方を解説!

「共感性羞恥心」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「共感性羞恥心」について解説します。

目次

  1. 共感性羞恥心
  2. 共感性羞恥心の意味とは
  3. 共感性羞恥心を使った文章・例

共感性羞恥心

共感性羞恥心」という言葉について解説します。

みなさんはこの「共感性羞恥心」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

共感性羞恥心。こう聞くと、医学用語か何かかと思うほど堅い言い回しですが、意味を知ると一気に身近に感じる言葉とも言えるかもしれません。

日常会話の中で「えー!それって共感性羞恥心じゃん!!」みたいな使い方をすることはないと思いますが、一度ここで押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「共感性羞恥心」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

共感性羞恥心の意味とは

共感性羞恥心とは「目の前で人が怒られている姿を見ると自分も叱られているように感じ、恥ずかしいと思う気持ち。かわいそうと思う気持ち」を指す言葉となっています。

テレビの生放送で言葉に詰まるアナウンサーを見たり、すべっている芸人や他人の失敗を見てチャンネルを変えたくなるあの気持ち。恥ずかしいやらかわいそうやらで見てられない。というとかなりピンと来るのではないでしょうか。

共感性羞恥心というと、かなり遠くに感じるかもしれませんが、そういわれると一気に身近に感じると思います。

とはいえ、「あぁ、それって共感性羞恥心だよね」と、得意ぶって使うとそれはそれで痛い人だと思われかねないので、あの気持ちにはこういう名前がついているんだなぁ。程度の理解をしておけばよいのかもしれません。

>

共感性羞恥心を使った文章・例

  • 共感性羞恥心が全くない人とは、仲良くなれない気がする。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ