「リスキル」の意味とは?意味や使い方を解説!

「リスキル」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「リスキル」について解説します。

目次

  1. リスキル
  2. リスキルの意味とは
  3. リスキルを使った文章・例

リスキル

リスキル」という言葉について解説します。


「リスキルされた」「リスキルやめろや」といった使い方をする言葉。

みなさんはこの言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

オンラインゲーム、対戦ゲームをされている方にとっては、当たり前に使っている言葉かもしれませんが、ゲーム系に縁遠い方にとっては謎の言葉とも言えそうです。

また、これからそういったゲームを始めようかと思っている方にとっては、知っておくべき言葉かもしれません。

ということで、ここではそんな「リスキル」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

リスキルの意味とは

リスキルとは「リスポーンキルの略で、対戦ゲームで、プレイヤーキャラが一度行動不能になり、復活地点に戻った(リスポーン=復活した)ところを待ち受けて再び倒す(キルする)こと」という意味の言葉となっています。

このリスポーンキルは、ある程度限定されている場所でリスポーンすることが分かっているゲームで起きる現象で、された方は復活したと思ったらすぐに倒されるというなんとも面白くない気持ちを味合わされるものとなります。

ゆえに、これをやりすぎるとプレイヤー同士でギスギスし始め、ボイスチャットで罵り合いが始まるといったことまで発展することもあります。

リスキルについてはゲームを楽しむのか、勝ち負けにこだわるのかでも意見が分かれるものと言えそうです。

>

リスキルを使った文章・例

  • リスキルばっかやって何が楽しいの?

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ