「ガン無視」とは?意味や使い方を解説します!

「ガン無視」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ガン無視」について解説します。

目次

  1. ガン無視
  2. ガン無視の意味とは
  3. ガン無視の使い方・例文

ガン無視

ガン無視」という言葉について解説します。

「あまりにもしつこい元彼女からの連絡をガン無視する事にした。」「こちらを見ているのは分かっているけれどガン無視する。」といった使い方をするこの言葉。

このガン無視という言葉、皆さん見聞きした事はあるでしょうか?あまり使用して良い気分になるものではありませんが、見聞きした事がある方もいるかもしれません。

使ったことがある!聞いた事もない!なんて方々もここで一度整理してみましょう。

ということで、ここではそんなガン無視という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

ガン無視の意味とは

>

ガン無視とは「相手の働きかけや、行動を徹底的に無視する事。相手からのアクションに気付きながらも、無視する意味で用いられる言い方。」という意味の言葉となっています。

「この間の飲み会以来、ガン無視されている。」「あそこまで相手にしないのは、もはやガン無視と一緒だよね。」といった様に使用することがあります。

簡単に言うと【無視】という言葉の最強版のような言葉ですね。

無視する事自体、あまり良い言葉ではないですが、場合によっては致し方ないなんてこともあるかもしれません。

普段から常用使いするには、あまりに思い言葉に感じますね。ただ【無視】という言葉がすべて悪いという意味ではありません。

何か自分に危害を加えるような人間がそばにいるのであれば、それは間違いなく【ガン無視する。】のが1番ですね。
 

ガン無視の使い方・例文

・悪口ばかり聞かせてくる知人の電話をガン無視している。
・サプライズの為に、あと10分はガン無視する事にした。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ