「食傷」とは?意味や使い方を解説します!

「食傷」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「食傷」について解説します。

目次

  1. 食傷
  2. 食傷(しょくしょう)の意味とは
  3. 食傷の使い方・例文

食傷

食傷」という言葉について解説します。

みなさんはこの「食傷」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

「その手の話題は食傷気味でさぁ…」「こう同じおかずが続くと食傷してしまう」といった使い方をしますが、日常生活の中でもたまに登場する言い回しかもしれません。

初めて見たという方ももちろん居らっしゃるかと思いますので、一度押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「食傷」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

食傷(しょくしょう)の意味とは

>

食傷(読み方・しょくしょう)とは

  1. 同じ食べ物が続いて食べ飽きること。
  2. 同じことに何度も接し、飽き飽きして嫌になること。
  3. 食あたりを起こすこと。
といった意味の言葉となっています。

ということで、「その話題は食傷気味で…」といった場合は「その話題は何度も聞いていて飽き飽きしてる」という意味になりますし、「こう同じおかずが続くと食傷してしまう」といった場合は、「同じおかずが続いて食べ飽きてしまう」という意味になることが分かるのではないでしょうか。

食べ物に限らず話題や知識など、何かを取り入れることを「食べる」と表現していると考えて、食べるのが嫌になること=食傷と押さえると、言葉としても理解しやすいかもしれません。

また、あまり使わない言い回しではありますが、3の意味の食傷=食あたりというのも併せて覚えてみてください。

食傷の使い方・例文

  • 職場内での男女関係の話題は食傷気味で、うんざりだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ