「熱情」とは?意味や使い方を解説します!

「熱情」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「熱情」について解説します。

目次

  1. 熱情
  2. 熱情(ねつじょう)の意味とは
  3. 熱情の使い方・例文

熱情

熱情」という言葉について解説します。

みなさんはこの「熱情」という言葉を見聞きしたことはあるでしょうか。

順番を逆にした「情熱」であれば、かなり身近な言葉でもありますので、よく見聞きした事はあると思います。

情熱をもって仕事に取り組む。情熱を燃やす。といった形で使われますよね。

では、熱情となるといかがでしょうか。

どういった使い方をして、どういう意味なのか一度押さえてみましょう。

ということで、ここではそんな「熱情」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

熱情(ねつじょう)の意味とは

>

熱情(読み方・ねつじょう)とは「燃え上がるような激しい感情。また、熱心な気持ち。情熱」という意味の言葉となっています。

ということで、意味に情熱とあるように、使い方はほぼ同じです。「熱情をもって仕事に取り組む」といった形で使われます。

では情熱とまったく一緒かというと、若干ニュアンスが変わっているようです。

情熱の意味は「ある物事に対して気持ちが燃え立つこと。熱した感情」ですので、違いがあるとすればその感情の激しさと言えそうです。

熱情といった場合、情熱よりもさらに激しく燃え上がるような感情が表現されます。

情熱よりもさらに熱く、強い気持ちを伝えたい時に用いると良いのではないでしょうか。

熱情の使い方・例文

  • 先生の熱情こもる講演に、その場にいた学生たちは襟を正す思いで聞き入っていた。
  • 彼女に対するこの熱情は、誰にも負けないものだ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ