「添付」とは?意味や使い方を解説します!

「添付」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「添付」について解説します。

目次

  1. 添付
  2. 添付の意味とは
  3. 添付の使い方・例文

添付

皆さんは「添付」という言葉をご存知でしょうか。

「てんぷ」という読み方も、意味や使い方も良く知られていると思われます。
しかし類語も多く、その違いについて詳しく知ることが大切です。

今回は「添付」という言葉について詳しく解説します。

添付の意味とは

>

添付とは「書類などにつけ添えること」という意味です。
読み方は「てんぷ」です。

主となるものに補足するなどの目的で、何かを添えることをいいます。
たとえば、申請書類に本人確認書類などの証明書を「添付」するなどの手続きをしたりします。

似た意味の言葉に「貼付」「送付」「別添」などがあります。

「貼付」は「ちょうふ」と読み、意味は「貼り付けること」です。
のりやテープなどを用いて、外れない・はがれないように紙などを固定することを表しており、クリップなどで挟むだけという状態は「貼付」ではありませんが、いずれの状態も「添付」という言葉に含まれます。

「送付」は「送りつけること」という意味で、「そうふ」と読みます。
郵送やメールによるものなど、直接の手渡しではなく「送る」という手段で相手に渡すことを表した言葉です。

「別添」は「別にして添えること」という意味で、読み方は「べってん」です。
「添付」の形の一つですが、上記の「貼付」などのように「メインのものと一緒にまとめる」形の場合は該当しません。

添付の使い方・例文

  1. レンタルショップの会員登録のために、登録用紙に免許証のコピーを添付した。
  2. 調査結果を添付書類にまとめましたので、適宜参照してください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ