「僅か」とは?意味や使い方を解説します!

「僅か」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「僅か」について解説します。

目次

  1. 僅か
  2. 僅かの意味とは
  3. 僅かの使い方・例文

僅か

皆さんは「僅か」という言葉をご存知でしょうか。

単独では読み方や意味が分からなくても、「残り僅か」「僅か少ない」などの言葉を見たことがある方は多いでしょう。

今回は「僅か」という言葉について詳しく解説します。
 

僅かの意味とは

>

僅かとは「ほんの少し」「かろうじて。やっと。」という意味です。
読み方は「わずか」です。

「僅」という漢字が日常であまり使われないものであるため、「わずか」と平仮名で表記されることも多いです。
「僅」という漢字の他の用例としては「差がわずかである」という意味の「僅差(きんさ)」や「僅か少ない」ことを意味する「僅少(きんしょう)」などが挙げられます。

一つ目の意味では、「僅かばかり」「残り僅か」などの形で使われることが多いです。
あまりにも少ないことを嘆く意図で使われることが多いですが、必ずしもそうとは限りません。

二つ目の意味の場合は「僅かに」という形で使われ、「看板を僅かに過ぎた先」「僅かに覚えている」などのような使い方をします。
上記の用例の通り、こちらも必ずしもネガティブな感情を含むとは限りません。

「僅か」は、数値化できない漠然とした概念に対しても使うことができます。
それに対して、上記に挙げた「僅少」は、金額などの数値化できるものに対してしか使うことができない点が大きく異なります。

僅かの使い方・例文

  1. 勤めていた会社が倒産してしまい、今は再就職先を探しながら僅かばかりの失業保険で生活している。
  2. 新発売の商品を買おうと思っていたのだが出遅れてしまい、気がつけば在庫が残り僅かとなっていた。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ