「クロスプレイ」の意味とは?意味や使い方を解説!

「クロスプレイ」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「クロスプレイ」について解説します。

目次

  1. クロスプレイ
  2. クロスプレイの意味とは
  3. クロスプレイを使った文章・例

クロスプレイ

皆さんは「クロスプレイ」という言葉をご存知でしょうか。

オンラインゲームが流行している昨今、取り入れられることが増えたシステムです。

今回は「クロスプレイ」という言葉について詳しく解説します。

クロスプレイの意味とは

クロスプレイとは「オンラインゲームで、異なるプラットフォームのプレイヤー同士が同じゲームを遊ぶことができる機能」という意味です。

現在のオンラインゲームは、PCやスマートフォン、PlaystationシリーズやNintendo Switchといった各種ゲーム機のうち複数に対応しているタイトルが多くあります。
しかし従来通りのシステムでは、異なるプラットフォームを持つもの同士が通信プレイをすることができませんでした。
全く同じタイトルのソフトを持っているのに、プラットフォームが違うだけで通信することができないという状況が生まれてしまうのです。
それを解決するシステムが「クロスプレイ」です。

しかし、システムなどの技術的問題や、各プラットフォームのスペックの違いによるプレイ環境の差などが障害になることも多いです。

また、異なるハードでセーブデータを共有できるシステムを「クロスセーブ」といいます。
この機能があれば出先ではスマートフォンでプレイして、帰宅してからPCで続きを進める、といった遊び方が可能になります。

>

クロスプレイを使った文章・例

  1. 自分と友人は愛用するゲーム機の種類が違うが、クロスプレイのおかげで協力プレイができる。
  2. 最近ハマっているゲームはクロスプレイ対応のおかげでプレイ人口が増えているが、その分問題も起こっている。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ