「ずっと俺のターン」の意味とは?意味や使い方を解説!

「ずっと俺のターン」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「ずっと俺のターン」について解説します。

目次

  1. ずっと俺のターン
  2. ずっと俺のターンの意味とは
  3. ずっと俺のターンを使った文章・例

ずっと俺のターン

皆さんは「ずっと俺のターン」という言葉をご存知でしょうか。

カードゲームを題材としたアニメから生まれた言葉で、インターネット掲示板などを通じて爆発的に流行したスラングの一種です。

今回は「ずっと俺のターン」という言葉について詳しく解説します。

ずっと俺のターンの意味とは

>

ずっと俺のターンとは「相手に活躍の場を与えず、自分の独壇場となっている状態」という意味です。

語源は、カードゲームを題材にしたアニメ「遊戯王」です。
「ターン」とは手番のことであり、このアニメで扱われるカードゲーム「デュエルモンスターズ」は自分の手番と相手の手番を交互に繰り返すシステムとなっています。しかしカードの効果によって、相手にターンが回らず一方的に攻撃し続けることが可能になる場合があります。
この状態が「ずっと俺のターン」で「遊戯王」シリーズの初期の頃に流行した言葉なのですが、その時期の作中にこの言葉は登場しません。
インターネットでこのアニメが話題になる中で生まれた言葉であると思われます。
後のシリーズでは、この言葉をオマージュしたセリフやキャッチコピーが登場します。

同じ意味の言葉に「無双状態」があります。
「無双」とは「世の中に並ぶ者がいないほど優れた人物」という意味であり、その有り余る能力を存分に発揮し誰も敵わないほどの活躍をしている状態を指します。

ずっと俺のターンを使った文章・例

  1. 友人が試合で点を入れまくり、ずっと俺のターンという勢いだ。
  2. ターン制のゲームにおいて、「ずっと俺のターン」は反則級の戦法だ。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ