「遺恨」の意味とは?意味や使い方を解説!

「遺恨」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「遺恨」について解説します。

目次

  1. 遺恨
  2. 遺恨の意味とは
  3. 遺恨を使った文章・例文

遺恨

遺恨(読み方:いこん)』という言葉について解説します。

「遺恨が残る試合」「意趣遺恨」といった使い方をするこの言葉。

みなさんも一度は見聞きした事があるのではないでしょうか。

見聞きしたことがあるとはいえ、実際に遺恨を残した、残されたなんて経験をしたことがある方は多くないかもしれません。

漢字からなんとなく意味の想像はつきそうですが、ここでおさらいをしてみましょう。

ということで、ここではそんな「遺恨」という言葉について、意味や使い方・読み方を紹介していきます。

ぜひ最後までご覧いただき整理・理解してみてください。

遺恨の意味とは

遺恨とは

  1. 忘れがたい深い恨み。宿怨(しゅくえん)
  2. 残念に思う事
といった意味の言葉となっています。

ということで、「遺恨が残る試合」といった場合「忘れがたい深い恨みが残る試合」という意味になることが分かると思います。

また、「意趣遺恨」という言葉ですが、四字熟語で「他人への深い恨み」という意味になっています。

遺恨という言葉には、とにかく「恨み」があるということになるでしょうか。

ちなみに、似た言葉として扱われる言葉に「私怨」というものがありますが、私怨の意味は「個人的な恨み」ですのであくまで個人です。

遺恨は例にもあげた試合などの組織にもあてはまるので、使い分けるようにしましょう。

>

遺恨を使った文章・例文

  • ウクライナとロシアの戦争は遺恨を残さない形で終わらせることはできるのだろうか。
  • 彼との別れが、遺恨を残す形となったのは非常に残念に思う。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ