「ドラフト」とは何か?意味を解説!

野球好きの方は「ドラフト」という言葉は知っているかと思います。一方でビジネスの世界でもドラフトという言葉が聞かれるようになりました。このドラフトとは何か?どういう意味なのか解説していきます。

目次

  1. ドラフト
  2. ドラフトの意味とは
  3. ドラフトを使った文章・例文

ドラフト

秋になると野球の話題としてよく聞くようになる「ドラフト」という言葉があります。

プロ野球の「ドラフト会議」でどの選手をどの球団が獲得するかなど、話題になる選手がいればより盛り上がりを見せます。

お酒を飲まれる方は「ドラフトビール」のほうが分かりやすいと思います。

ビジネス用語でも「ドラフト」という言葉が飛び交うようになってます。

この「ドラフト」という言葉の意味について解説します。
 

ドラフトの意味とは

ドラフトとは「募って選び取ること」「草案・下書き」「設計図面」「通風」「たる抜き」という意味になります。

英語で「draft」です。

意味だけみていても、様々でこんなに多くの意味を持っています。
ラテン語の「引く」が元々の意味で、ここから数種類の意味が生まれたようです。

ドラフト会議で使われる意味は、選手を各球団が「選抜」するです。

ビジネス用語では、メールでドラフトフォルダーとか目にすると思いますが、メールの「下書き」の意味です。
会議で提案上げるからドラフト作成してとか言われた時は、「未完成の企画・草案」です。

ドラフトビールは生ビールの意味で使われていますが、元々は樽詰ビールのことのようです。
 

>

ドラフトを使った文章・例文

<例文>

  1. 急で悪いが、来週の月曜日までに例のドラフト仕上げておいてくれ。
  2. 頼んでいた契約書のドラフトはもう出来てますか。
  3. 社長からの圧力がかかったようで、ドラフト作成段階で中止になってしまった。
  4. 今回のドラフト会議で、絶対に彼を指名するから交渉権を獲得して欲しい。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ