「チャリティー」とは?意味や使い方を解説!

「チャリティー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「チャリティー」について解説します。

目次

  1. チャリティー
  2. チャリティーの意味とは
  3. チャリティーを使った文章・例文

チャリティー

「チャリティー」という、言葉の意味について解説します。

チャリティーコンサートやテレビのチャリティー企画などで、目にすることが多いこの言葉ですが、皆さんは、チャリティーという言葉の正しい意味を知っていますか。

なんとなく、ボランティアに近いような意味合いで使っている方が多いと思います。

しっかりと意味を理解していると、自信を持ってチャリティーという言葉を使えるようになります。

この機会に、ボランティアとの違いなど、チャリティーの意味や使い方について理解していきましょう。

チャリティーの意味とは

「チャリティー」とは、「慈善、慈善の心や行動、社会的な救済活動」という意味を持ちます。

チャリティーコンサートは、出演者が出演料をわずか、もしくは、まったく受け取らない形か、入場料の価格を上げることで収益を出し、その収益を慈善活動に当てるという慈善興業になります。

チャリティーと混同しやすいボランティアの意味は、「自ら進んで、社会活動や慈善活動に無償で参加する人」を指すので、若干、ニュアンスが異なります。

ボランティアの大きな定義は、無償という部分になります。

>

チャリティーを使った文章・例文

  1. このチャリティーコンサートで出た利益は、災害支援に当てられる。
  2. 子供がチャリティーバザーに参加することは、社会勉強になる。
  3. テレビのチャリティー企画を見て、恵まれない地域に寄付することにした。
  4. チャリティー精神が豊富なあの人は、毎月、給料の1部を寄付しているらしい。
  5. チャリティーイベントに参加してから社会問題に関心を抱くようになった。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ