「悪口雑言」とは?意味や使い方を解説!

「悪口雑言」という熟語を一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「悪口雑言」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 悪口雑言
  2. 悪口雑言の意味とは
  3. 悪口雑言の類語/英語
  4. 悪口雑言を使った文章・例文

悪口雑言

悪口雑言(あっこうぞうごん)」という四字熟語の意味について解説します。

聞くに耐えない言葉や悪口を聞いたり言われたりした時などに「悪口雑言の限りを尽くす」というような言い方をします。

普段あまり聞くことのない言葉だと思います。

この悪口雑言の言葉の意味をご存知でしょうか。

この機会に意味を理解してみましょう。

悪口雑言の意味とは

悪口雑言の意味は「口ぎたなく、色々と思う存分に悪口を言う様。さんざん罵ること」となります。
読み方は「あっこうぞうごん」です。

「悪口」「雑言」共に非難し罵(ののし)るの意味があります。

「悪口(あっこう)」は古語では根拠もなく、言葉で他人の名誉などを傷つけること、もしくはそれによって成立される犯罪のことのようです。現代でも、この意味の方が合ってるような気がします。

かなり乱暴な言葉遣いということです。

「悪口雑言」の使い方は相手に面と向かって言う時に使います。
 

>

悪口雑言の類語/英語

<類語>
「罵詈雑言」「罵詈讒謗」「悪口罵詈」「讒謗罵詈」

<英語>
「all kinds of malicious gossip」「heaping verbal abuse」
 

悪口雑言を使った文章・例文

<例文>

  1. あの二人は普段は仲が良いのに、あるきっかけで悪口雑言の末に別れることになった。
  2. 彼は暴力を振るったわけでもなければ、悪口雑言を浴びせたわけでもない。
  3. あまりの怒りに悪口雑言の限りをつくしたのに、怒りは益々ヒートアップした。
  4. 社長の悪口雑言はいつものことながら、聞くに堪えない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ