「アウトサイダー」とは?意味や使い方を解説!

「アウトサイダー」という言葉をご存知でしょうか。聞いたことはあっても意味がわからない人が多いと思うので、この記事では「アウトサイダー」について解説します。

目次

  1. アウトサイダー
  2. アウトサイダーの意味とは
  3. アウトサイダーの類語
  4. アウトサイダーを使った文章・例文

アウトサイダー

アウトサイダー」という言葉は日常会話の中で登場することは少ないですが、聞いたことがあると思います。言葉の響きがワイルドで、かっこよさを感じさせますね。効果的に使うことができれば会話にアクセントを加えることができる言葉ですので、是非知っておいてください。

この記事では、「アウトサイダー」の意味や類語、使い方を解説します。

アウトサイダーの意味とは

「アウトサイダー」の意味は主に2つあります。1つは「組織や団体の外の人・部外者」という意味で、もう1つは「社会の枠にはまらない独特な思想の持主」という意味です。どちらの意味でも、組織や社会などを中心にしてそこから距離のある人を表していますね。

「アウトサイダー」という言葉から連想されるのが「インサイダー取引」という言葉かもしれません。インサイダー取引は文字通り内部の人から不正に情報を得て行う取引で、不法行為にあたります。

また、生き方を表す場合には「アウトサイダー」に近い言葉に「アウトロー」というものもあります。ただし、アウトローという言葉には無法者といったニュアンスも含まれますので、アウトサイダーよりもさらに強い語調の言葉と言えるでしょう。

アウトサイダーの類語

  • アウトロー

アウトサイダーを使った文章・例文

  1. アウトサイダーとして生きていくことは勇気がいる。しかし、一度覚悟が決まってさえしまえばその生き方は自由でとても楽しいものだ。
  2. アウトサイダーの意見を取り入れながら運営していくことで我が組織の体制も少しづつ柔軟なものになっていくだろう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ