「先んじて」とは?意味や使い方を解説!

「先んじて」という言葉の意味や使い方について解説します。あわせて「先んじて」の英語や言い換えた言葉についてもご紹介します。

目次

  1. 先んじて
  2. 先んじてとは
  3. 先んじての使い方・例文

先んじて

先んじて(さきんじて)」という表現をよく聞くと思います。

ビジネスシーンなど、丁寧な表現や正しい敬語を求められる場面で使われます。
使用頻度が高い言葉ではありますが、間違った読み方や使い方をしている人も多いようです。

今回は「先んじて」の意味やほかの言葉への言い換え方、英語での表現などをご紹介しますので、この機会に覚えて正しく使いこなしましょう。

先んじてとは

先んじてとは、「前もって、先だって、あらかじめ」などの意味があります。

読み方は「さきんじて」です。ビジネスシーンなど、正しい表現や敬語を使用するときによく使用されますが、普段のカジュアルな会話にも取入れられる言葉です。それでも少し表現が丁寧すぎて堅苦しく感じるという場合には「先に」や「前もって」などの言葉と言い換えることができます。

何ごとも先んじて行うと良いことがある、という意味が含まれていることわざには「備えあれば患いなし」「転ばぬ先の杖」「先んずれば人を制す」などがあります。

先んじての英語

先んじてを英語にすると、【in advance of~】【previously 】などとなります。

先んじての使い方・例文

「先んじて」を使った例文をいくつかご紹介します。
1.今シーズンの新作商品の発売に先んじて、銀座にある本店では新作のお披露目を兼ねたパーティーが行われた。
2.彼はいつもどのチームメイトよりも先んじて様々なことをやり遂げた。
3.私の妹はとても控えめで恥ずかしがりやな性格で、他人に先んじて何かをするような子ではない。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ