「鬼に金棒」とは?意味や使い方を解説!

「鬼に金棒」ということわざを一度は耳にしたことがあると思います。覚えておくととても便利な言葉です。今回は「鬼に金棒」の意味・使い方・例文などを紹介します。

目次

  1. 鬼に金棒
  2. 鬼に金棒の意味とは
  3. 鬼に金棒の類義語・反対語
  4. 鬼に金棒の英語
  5. 鬼に金棒の由来
  6. 鬼に金棒を使った文章・例文

鬼に金棒

鬼に金棒(おににかなぼう)」ということわざは、老若男女問わずよく使われます。

頻繁に使うことわざなので何気なく使っていることが多いと思いますが、その意味や使い方、類語に詳しい人は少ないかもしれません。会話の中でよく登場しますのでしっかりと理解して使いたいですね。

この記事では、「鬼に金棒」の意味や類義語、使い方や英語での表現を解説します。

鬼に金棒の意味とは

「鬼に金棒」は「おににかなぼう」と読み、意味は「もともと強かった(能力が高かった)者が力をつけてますます強くなった」ことを表します。

スポーツで、もともと強いチームに個人能力の高い選手が加入した際によく使いますね。

「金棒」は「鉄棒」と書くこともありますが、この場合でも「てつぼう」とは読まずに「かなぼう」と読むので気をつけてください。また、類語の「弁慶に薙刀」と併せて使われる場合もあります。

>

鬼に金棒の類義語・反対語

鬼に金棒の類義語

  • 弁慶に薙刀
  • 虎に翼

鬼に金棒の反対語

  • 陸にあがった河童

鬼に金棒の英語

対応する英語はありませんが、以下の英語が近い意味です。

Adding wings to a tiger.

鬼に金棒の由来

由来は、圧倒的に強い鬼と戦うとしたら相手が素手でも勝てないのに、さらに金棒(武器)を持たれたら万に一つも勝ち目がないことからきています。ここで「金棒」とは「金砕棒」の略で、重量はあるが鎧をも砕く強い武器のことです。

鬼に金棒を使った文章・例文

  1. もともと打撃に定評があったあのチームにカーブなどの変化球に抜群のキレがある投手が加わるとはまさに鬼に金棒だ。
  2. 元々は営業力が高い部署だったが、裏を支える事務能力の高い社員が加わったため、鬼に金棒で盤石の態勢になったな。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ