「笑う門には福来たる」とは?意味と使い方を解説!

「笑う門には福来たる」ということわざを一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?この記事では「笑う門には福来たる」の意味や使い方を解説していきます。

目次

  1. 笑う門には福来たる
  2. 笑う門には福来たるの意味とは
  3. 笑う門には福来たるの由来
  4. 笑う門には福来たるの使い方・文章

笑う門には福来たる

笑う門には福来たる(わらうかどにはふくきたる)」ということわざの意味や由来、笑う門には福来たるを使った文章について解説します。

同じ読み方だが、笑う門には福来るとも表すこともあります。

福来るも正しく同じ意味を持つので好みでお使いください。

また、四字熟語で「笑門来福(しょうもんらいふく)」や「笑門福来(しょうもんふくらい)」とも表すこともあるそうですが、笑い門には福来るは日本のことわざなので四字熟語はないそうです。

社会人や就活生の人には座右の銘としても広く知られる「笑う門には福来たる」

しかし、このことわざ文字だけではいまいち想像がつきにくいので、この機会にしっかりと意味を理解しましょう。

笑う門には福来たるの意味とは

笑う門には福来たるの意味は「いつも笑いが絶えない家庭には、幸運が訪れるということ」を表します。

最近では、「いつも笑いが絶えない人には、幸運が訪れるということ」で使われることもあるので、家庭という単位ではなく個人単位でも使われるようです。

座右の銘にぴったいなことわざですね。

笑う門には福来たるの「門」とは、正門などの出入り口という意味の「門」ではなく、「家庭」や「家」を表しています。

また、音だけだと「門(かど)」を「角(かど)」と間違えてしまいがちですが、門にはしっかりとした意味があるので間違えないようにしましょう。

実際に「笑う」ことはストレスの解消や免疫力向上になるなど健康にも良いことが多いようです。

笑う門には、幸運も健康も来たるということにもなるのではないだろうか。

笑う門には福来たるの類語

  • 笑って損した者なし
  • 和気財を生ず

笑う門には福来たるの由来

笑う門には福来たるには由来が様々あります。

その様々な由来の1つに「福笑い」というものがあります。

「福笑い」とは、お正月にやる遊びの1つで、顔の輪郭と目や鼻や口などパーツがバラバラになっていて、目隠しをした状態で顔を完成させるというものです。

お正月に家族で「福笑い」で遊び、面白い顔ができることで笑顔になるということが「笑う門には福来たる」の由来の1つとされています。

笑う門には福来たるの使い方・文章

  1. 暗い顔ばかりしてちゃ良くないよ。笑う門には福来たるというように、笑って過ごそうよ!
  2. あの子はいつも笑顔で嬉しそうだね。まさに、笑う門には福来たるだね。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ